いわぎ物産センター

 

 


 

 

 
 

 

国産レモン国産ライム姫レモン芋菓子の通信販売なら、上島町岩城「いわぎ物産センター」

>
いわぎ島について

「青いレモン」と いわぎ島について


レモンとともに32年。


瀬戸内の青い空、青い海に囲まれたいわぎ島は温暖な気候に恵まれ、おいしいレモンの育つ自然豊かな島です。
いわぎ島では30年ほど前から「青いレモン」を島の特産品として村おこし(当時は岩城村)を始めました。
でも、当時はレモンと言えば黄色、という固定観念が強くなかなか受け入れてもらえませんでした。
しかし農家さんが試行錯誤しながらレモンを育て、島全体で地道な宣伝を続けて行くうちに、
いつしか国産レモン=グリーンと認識されるようになりました。

青いレモンとは、“採れたて”“新鮮さ”の代名詞。本来レモンは熟しても青色(グリーン)。
いわぎ島では、レモンの収穫が始まる秋から年内一杯まで青いレモンを出荷します。
年が明けますと、気温などの影響で黄色く色づきます。
「青いレモンの島®いわぎ島で採れた新鮮なレモンは防腐剤・ワックスを一切使って
おりませんので水洗いするだけで皮まで安心してお召し上がりできます。


岩城島のレモン年表

昭和49年(1974)   :   愛媛県果樹試験岩城分場でレモン11系統の比較試験開始。
昭和51年(1976)   :   レモン栽培技術確立に関する研究開始。
昭和53年(1978)   :   3系統を愛媛県の奨励系統とする。
                                  (アレンユーレカ・クックユーレカ・フロストニューセラーリスボン)
昭和54年(1979)   :   レモン施設栽培に関する研究開始。(周年栽培試験)
昭和55年(1980)   :   岩城村営農指導協議会でレモン栽培への取組み決定。
                                   目標面積20ha、ユーレカ系統の苗木づくり開始。
昭和56年(1981)   :   岩城村単独のレモン栽培農家経営維持安定資金融資制度スタート。
昭和57年(1982)   :   融資制度にハウス施設追加。
                                   農家に苗木2000本、穂木15kg 配布(約50戸)以後も継続
                                   レモン研究会発足(会員29名)
                                   キャッチフレーズ「青いレモンの島」誕生。
昭和59年(1984) :   キャッチフレーズ「青いレモンの島」商標登録出願
昭和60年(1985)  :    第3セクター「(株)いわぎ物産センター」設立
                                   特別島民制度「青いレモンの島友の会」発足、全国ふるさと便を開始
                                  「岩城村レモン及びライムハウス施設設置費補助金交付規定」
昭和63年(1988)   :   グリーンレモン夏採り生産技術に関する研究
平成6年(1994)     :  「レモンの散歩道」整備
平成7年(1995)     :   レモン加工場、モデルハウス(22a)建設
                                   100%レモン果汁、レモンマーマレード、レモンケーキなど
                                   レモンを原材料とした加工品を開発、各地物産展等に出店。
平成12年(2000)   :  「青いレモンの島」学習体験
                               21世紀型事業モデル産地育成事業
平成16年(2004)   :   岩城村(岩城島)、魚島村、生名村、弓削町が合併し、「上島町」となる。
平成17年(2005)   :   21世紀型農業産地育成事業
平成21年(2009)   :  「青いレモン」が愛媛県のブランド産品として認定される。